にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語とお散歩の記録です

MENU

『双生児』を読みました

双生児 (ハヤカワ文庫JA)

折原一『双生児』を読みました。

これまでいくつか折原一作品を読んでいますが、あいかわらずのおもしろさです!

ここで詳細を話すとネタバレに繋がりかねないのでやめておきます。気になる方はあらすじを読んでください。

読みやすいのと、人物がイメージしやすいので、どんどん読めますが、途中からの「違和感」。これがほどよく訪れ、終盤で真相に至ります。

実は自分が予想した通りの結末でした。(・∀・)