にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語の教え方・授業アイデア・日本語教師の戯れ…(^o^)

読み物:時刻表の改定

【時刻表の改定】

電車の時刻表はときどき改正される。今年も3月下旬に車内放送で「4月1日から変わります」と言っていた。

4月1日、そのことをすっかり忘れて、いつもと同じ時間に家を出た。駅に近づくと、「XX行きの電車が参ります」と聞こえた。わたしが乗る電車だ。歩いていると間に合わないから、走った。改札を通り抜け、階段を駆け上がった。ちょうど電車が到着したところで、なんとか乗ることができた。

いつもより2分も早い。どうしていつもより早いのか。息を切らしながら考えた。そのとき、「4月1日からダイヤが改正されました」というアナウンスが聞こえた。

あっ…。

次の日からは、今までより2分早く家を出るように心がけている。しかし、この「2分」を縮めることに苦労している。慣れるのにまだまだ時間がかかりそうだ。

-----

実体験にもとづくお話ですが、フィクションです。(336文字)

中級レベルから読めると思います。

「電車にまつわる経験」などを前作業で行うといいかもしれません。飛び乗る、乗り遅れる、遅延する、寝過ごして乗り越す…などなど、いろいろなエピソードが出てきそうです。

後作業は、「時間の感じ方」とか、「モーニングルーティーン」とかを話したら、面白そうです。「電車は遅れるものだから気にしない」とか言わるかも…(;゚∀゚)

この2分を縮めるための工夫とか、ぜひとも教えてほしいです。「5分早く起きろ」という意見が出そう…(ヾノ・∀・`)ムリムリ

ご利用上の注意
  • 「時刻表の改定」の文章は無料で使うことができます。
  • 教材として使うとき、ルビをつけたり、表現を書き換えてもいいです。
  • 授業中に教材として、紙に印刷して配布してもいいです。(オンライン共有もOK)
  • 著作権は、NIHONGO PARKに帰属します。
  • 自分のものとして公表したり、他のサイトに載せたり、勝手に売ったりしないでください。(=わたしが損をすることはしないでください。)

またネタがあったら、短い読み物をアップしていきたいと思います。(^o^)