にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語の教え方・授業アイデア・日本語教師の戯れ…(^o^)

『そして誰もいなくなる』を読みました

今邑彩『そして誰もいなくなる』を読みました。

アガサ・クリスティーの『そして誰もいなくなった』を高校の演劇部が行い、そこで生徒が一人亡くなり、その後、次々と亡くなっていく…そんな感じで進みます。何人かのストーリーが絡み合っていて、そこは中盤までそこそこ面白かったです。(^o^)どうなるんだろうか、と。

終盤、ネタバラシがありますが…(;゚∀゚)なるほど複雑に絡み合っていることはわかりましたが、情報量が多い!最後にドバっといろいろなことが出てきた印象でした。わかりやすく語られるのはよいのかもしれません。

表紙のイメージを想像して買うと、「なんか違った」と思いそうです。

今回、特に調べた言葉はありませんでした。