にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語の教え方・授業アイデア・日本語教師の戯れ…(^o^)

『血の雫』を読みました

相場英雄『血の雫』を読みました。

ガラケー刑事とIT系新人がバディを組んで事件に立ち向かうものです。ネット上の表と裏の顔が明らかになるとき、共通点が見つかります。単なる今風の話かと思って読みましたが、後半に進むとちょっと違う雰囲気になります。

こういうのは社会派というのでしょうか。あらすじには一切書いてないのでわかりませんでしたが…。そこが緒(いとぐち)なので、書けませんね。

ぐっと来るものもありました。捜査が進まないところがなんか変な感じがしましたが、筆者の意図は、捜査じゃなくて、背景に目を向けさせることなのかなと思いました。最後まで読めばわかりますね~。