にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語の教え方・授業アイデア・日本語教師の戯れ…(^o^)

『流れ星と遊んだころ』を読みました

連城三紀彦『流れ星と遊んだころ<新装版>』を読みました。

読み終わってみると、それぞれの人物の思惑が糸くずのように絡まっていたことがよくわかります。出来事を語っているので、誰がなんのことを言っているか、よくよく把握していないとわからなくなります。そのため、サラッと読めず、時間がかかりました。

えっ!(゜o゜;)と思ったところが何度かありました。そういうところが、自然と話として続いていくので、驚きも飲み込めてしまうのは不思議に感じました。

登場人物やあらすじは、裏表紙やAmazonに書いてあるのを参考にしてください。名前があとのほうに影響するので、多く語らないほうが良さそうです。