にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語の教え方・授業アイデア・日本語教師の戯れ…(^o^)

作った料理について説明する

相手が作った料理についてコメントしたり、尋ねたりする場面です。

A:いいにおいがしますね。 B:できましたよ。 f:id:nihongopark:20201230121515g:plain

A:おいしそうですね。それは何ですか。 B:__です。 f:id:nihongopark:20201230121519g:plain

A:材料は? B:__と__で作りました。 f:id:nihongopark:20201230121523g:plain

A:そうですか。どんな味がしますか。 B:__ですよ。食べてみてください。 f:id:nihongopark:20201230121527g:plain

会話内容・使用文型を変えると、難易度は調整できます。皿に載せてあるものは、何だかわからないものにしてあります。学習者に馴染みのある食べ物を使うと、材料も容易に想像できます。

次の表現と一緒に使用できます。

●〔におい・味〕がする
●様態の「~そうです」
●材料を示す助詞「で」(「から」でもOK)
●味に関する表現
●「~てみてください」で相手に勧める

上記画像を右クリックし、「名前を付けて画像を保存」でダウンロードできます。