にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語の教え方・授業アイデア・日本語教師の戯れ…(^o^)

過去の出来事について話す

週末にしたことを話して、感想を尋ねます。

f:id:nihongopark:20201230121253g:plainf:id:nihongopark:20201230121258g:plainf:id:nihongopark:20201230121303g:plainf:id:nihongopark:20201230121306g:plain

モデル会話

01:日曜日にどこかへ行きましたか。-はい。先生の家へ行きました。
02:先生の家で何をしましたか。-日本の映画を見ました。
03:そうですか。どうでしたか。-おもしろかったです。
04:そうですか。どうでしたか。-おもしろくなかったです。

週末の出来事について話す会話で、動詞の過去形・形容詞の過去形を使います。形容詞の過去形とその否定形をスッと言えて話せるようにすることがポイントです。「どうでしたか」と形容詞は、感想を聞いたりするときによく使うので、早く使えるようになると、会話ができている感じになりますね!

授業の展開

最初に「いつのことを話しているのか」、時間関係を示しましょう。「今日は月曜日で学校に来ている、日曜日のことを話している」という場面設定です。モデル会話は、01・02の流れから、03か04へ分岐します。その後の練習では、動作の対象となる語だけ与え、場所と感想は話しながら決めます。

たとえば、【英語の本】をキューにします。まず、「英語の本を読みました」と動詞が決まります。その後、どこで読んだかを決め、本に対する感想もどの形容詞を使うか考えます。

次のような会話ができました。

A:日曜日にどこかへ行きましたか。
B:はい、図書館へ行きました。
A:図書館で何をしましたか。(or 何を読みましたか)
B:英語の本を読みました。
A:そうですか。どうでしたか。
B:おもしろくなかったです。

A:日曜日にどこかへ行きましたか。
B:いいえ、どこへも行きませんでした。
A:うちで何をしましたか。
B:英語の本を読みました。
A:そうですか。どうでしたか。
B:難しかったです。

キューをいくつか与えて、まずはペア練習をしました。その後、ペアをクラス内でランダムに変えて発表してもらいました。特に発表のときは、キューを指示せず、学生にランダムに選ばせたほうがよいです。

予め準備するキューに関しては、場所が容易に想像できるものから、選択の幅が広いものまでいろいろあると、聞いていておもしろいです。【マンゴージュース】については、「喫茶店」とか「家」が多いかと思いきや、「ジュース屋」やら「ラトナギリ(インドのマンゴーの産地)」やら、いろいろ出てきました(笑)