にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語の教え方・授業アイデア・日本語教師の戯れ…(^o^)

落語 10 (柳家わさび)

f:id:nihongopark:20220114215737p:plain

本山葵・柳家わさび独演会に行きました。落語5で見てから、また聞きたいと思っていましたが、なかなか寄席に行くこともできませんでした。今回、ようやくその機会に恵まれ、また大ネタ「死神」を演ることもわかっていたので、非常に楽しみでした。(^o^)

【この日の演目】

  • 十徳 (春風亭貫いち)
  • 紋三郎稲荷 (柳家わさび)
  • 落語禁止法 (桂米助)
  • 対談
  • 死神 (柳家わさび)

「十徳」 前回(落語9)の「一目上がり」のような数字ネタでした。「~ごとく(5)」「~ように(4)」「~みたい(3)」「~似ている(2)」という類似表現が出てきました。日本語教師泣かせと思ったり、言い回しがあるからこそ表現の幅が広がると思ったり…職業病が出ました(笑)

「紋三郎稲荷」 神様効果は絶大。(゚∀゚)

「野球禁止法」 いつの間にか落語が始まっていたようで、気づきませんでした。

「死神」 最高でした!最初こそ死神の演じ方に笑いそうになりましたが、話が進むにつれて違和感がなくなりました。後半のズルをしちゃうところから、舞台の演出効果も相まって、だいぶ引き込まれました。

アジャラカモクレン キューライス テゲレッツのパー ( ˘ω˘)覚えました。

 

ところで、「豆腐の角に頭をぶつけて死ぬ」という言い回しが出てきましたが、これは落語で生まれた表現なんですかね?どこかで聞いて以来、忘れられないんですが、出典がわからないんですよね~。