にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語とお散歩の記録です

MENU

『十角館の殺人〈新装改訂版〉』を読みました

十角館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫)

綾辻行人『十角館の殺人〈新装改訂版〉』を読みました。

有名な作品ですよね。最近も平積みされていました。とあるいわくつきの島でミステリー研究会が合宿をしていて…という話です。島での話と本土での話がいい感じに交錯していくところはなかなかおもしろかったです。

犯人は後半に行くほど、なんとなくあたりがつけられました。

ミステリーをじっくり読みたい方におすすめです。

ところで、探偵役というか、そういう役回りの人物が「島田潔」という名前で、どこかで聞いたことがあるなと思ったら、島田荘司と御手洗潔のミックスでした(実際、作者がそうしたらしい)。( ̄▽ ̄)