にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語とお散歩の記録です

MENU

『同姓同名』を読みました

同姓同名 (幻冬舎文庫)

下村敦史『同姓同名』を読みました。(といってもだいぶ前…)

オオヤママサノリが犯罪を犯し、他の何の罪もないオオヤママサノリが被害を被って…というような同姓同名がゆえに起こる出来事を扱ったお話です。

登場人物みんな同じ名前ですが、外見等で区別するので読んでいて特に混乱はしませんでした。どんな終わり方だったか、あまり思い出せないんですが…(;゚∀゚)個人的にはあまり満足しなかったような記憶があります。

SNSの時代にこの手の話は他人事ではないな~と思わせられる話でした。