にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語の教え方・授業アイデア・日本語教師の戯れ…(^o^)

自己紹介ビンゴ

初級終了レベルの学習者向けのアクティビティです。

クラスが変わったときなどに利用すると良いと思います。学習者が自己紹介している間に、教師は学習者の日本語力(普通体と丁寧体の変換や会話力など)をこっそりとチェックしましょう!(笑)

やり方の説明は、イラストをつけて載せました。言葉での説明ではなく、会話例を示したいという場合は、イラストをスライドに貼り付けて、会話の流れを確認してください。もしくは、説明部分に会話文を書き入れてください。吹き出しを大きくしようと思いましたが、ちょっと厳しかったです。(^_^;)絵をトリミングすれば吹き出し部分は消せると思います。

使用する前に、「ビンゴ」をそもそも知っているのか、というのを聞く必要があります。ルールがわからないまま始めないように…。

空欄は自由記述部分なので、「知らないクラスメイトに聞きたいこと」などを書いてもらいます。それが終わったら、会話の流れを確認して、スタートです。

2人でずっとビンゴをやり続けないように、双方質問できるのは1回と限定してください。この活動の目的は、多くの人と自己紹介をする・お互いを知ることです。ゲームの勝利にばかり気が向かないように要注意です!

ダウンロードはこちらから。

drive.google.com

フォントは各種用意しました。Wordファイルは、UDデジタル教科書体版(UD)と、メイリオ版(M)があります(PDFも同様)。Googleドキュメントは、Kosugi Gothicを使用しています。Wordファイルは、1ページ目はルビなし、2ページ目はルビ付きです。Googleドキュメントは、ルビなしです。

イラスト

説明に使用しているイラスト(PNG版)は、下記画像を右クリックし、「名前を付けて画像を保存」でダウンロードできます。

f:id:nihongopark:20201230121755p:plainf:id:nihongopark:20201230121759p:plainf:id:nihongopark:20201230121803p:plainf:id:nihongopark:20201230121807p:plain