にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語の教え方・授業アイデア・日本語教師の戯れ…(^o^)

2017-06-09から1日間の記事一覧

『絵で導入・絵で練習』

『絵で導入・絵で練習』(凡人社)です。 初級でよく教える文法の絵教材です。冊子には絵の一覧、導入例・例文などが掲載されています。CDROMにデータ版も入っているので、プリントやスライド作成の際にも便利です。 最近、同僚から指摘があったんですが、「…

『日本語擬態語辞典』

『日本語擬態語辞典』(講談社プラスアルファ文庫)です。 辞典といっても文庫本なので、携帯に便利です。約160の擬音語・擬態語に、絵と解説(英語と日本語)がついています。複数の意味がある場合は、解説はあっても、基本的に絵は1つだけです。この中から…

『絵でわかる日本語使い分け辞典1000』

『絵でわかる日本語使い分け辞典1000』(アルク)です。 四季と日本の生活を通して、動きと様子を表すことばを学ぶもので、似ている言葉がまとめて載っています。例えば、「立つ・座る」というトピックでは、「あぐらをかく」「正座をする」「腰掛ける」など…

学習者に合わせた表現を使おう

人に何か伝えるとき 教師に限らず、人にものを伝えるときは相手が理解できるように話すものです。大人が子供に話すとき、専門家が講演会で一般市民に話すとき、世界の研究者が一同に会したとき…相手が理解できる言葉や表現を使っているのが普通です。逆に、…