にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語の教え方・授業アイデア・日本語教師の戯れ…(^o^)

『ハサミ男』を読みました

ハサミ男 (講談社文庫)

殊能将之『ハサミ男』を読みました。

とても有名な作品であることは知っていましたが、ようやく手に取りました。

「帯に余計なことを書くな」と思っている私ではありますが、今回は帯に偽りなしと言えます!(゚∀゚)

古典にして、大傑作!

ハサミ男による第三の犯行が行われます。しかし、ハサミ男本人が第三の犯行現場の発見をしてしまいます。(゜o゜;)だれが犯人なのか…。

 

ほんと、ミステリの中の古典ですね!(T_T)術中にはめてくれてありがとう。

ちょっと警察側の登場人物が多いのですが、はぐれ刑事純情派ぐらいに個性光るメンツに思えました。

(゚∀゚)最後…やばいと思いながら、笑みがこぼれてしまいました。