にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語の教え方・授業アイデア・日本語教師の戯れ…(^o^)

文字枠

f:id:nihongopark:20210111163157p:plain 文字枠(大)です。文字を教えるとき、バランスを取りやすくするためのものです。

f:id:nihongopark:20210111163355p:plain 使い方ですが、スライドにGIF版の文字枠を挿入します。そして、テキストボックスで文字を入力・サイズ変更し、上に重ねて載せます。

f:id:nihongopark:20210111163400p:plain 文字枠をもっと小さくして並べて、文字色を薄くして、練習シートを作ることも可能です。

思い出小話を一つ。(^○^)

この文字枠はわたしが海外での日本語教育実習でゼロ初級者にカタカナを教えるときに使ったのが最初です。実は、小学校のときの先生が文字を教えるときに使っていた方法なのです!発展させて、1画ずつマジックペンの色を変えて教えました(超めんどい!w)。カタカナなら4色あれば足りますね。メリットとしては、学習者が色の順番を自分で見て筆順を思い出せることです。ただ、自分が筆順とペンの色を間違えないようにしないといけません…(^o^;)

ひらがな・カタカナと、漢字学習初期には、文字バランスや部首の意識づけなどに有効でしょう。文字の構造がわかったら、使う必要はないでしょう。

ダウンロードはこちらから。(Word/PDF/PNGあり)

drive.google.com

PNG版は、冒頭の画像と同じです。(右クリック→「名前をつけて画像を保存」でダウンロードできます。)