にほんごぱーく NIHONGO PARK

日本語の教え方・授業アイデア・日本語教師の戯れ…(^o^)

久々のTOEIC

海外に住んでいたときは、職場や旅行で英語を使うこともありましたが、ここ最近はめっきり使わなくなりました。Duolingoでは、英語でドイツ語を学んでいましたが、その程度。使わないとすごい勢いで衰えていきます…。

また就活することにもなりそうなので、受験を決意しました。ಠ_ಠ 履歴書に古い結果を載せても事実と乖離していそうで、自分としては恥ずかしいです。期待されたくもないけど…(笑)

大学生のときから何回か受けていますが、得点の増減があっても、万年B1。B1といっても、200点くらいの幅があるので、海外生活を経ると得点は当然upしていました。下手でも使っているだけのことはありました。(^_^;)そこから考えると今はゼロなので(たまに英文を読むくらい)、落ちていると思います。

試験当日

試験は午前と午後があり、午前にしました。午後の試験って、眠くなりそう…。

座席はど真ん中でしたが、同じ机の人は欠席だったので、気楽でした。しかし、2時間ぶっ通し、かつ、会場が暑くて(マスク常用)、非常に疲れました。肩と首が痛い…。

文法はいいとしても、語彙と表現の知識が乏しいために、雑な理解しかできていないと感じます。抽象度の高い語彙がない。N2レベルの語彙って難しいだろうなと勝手に思いました。

学生のころは「人事」などの概念そのものをよく知らなかったけれど、今はそれがわかるだけ処理は早くなった気がします。働いてから受けたほうが絶対いいよな~と思いました。ただし、そういう知識がないと解けない、というテストではないです。

あくび・ため息・小声でなんか言うのは、士気が下がるので勘弁してほしいです…。気が散る程度で文章が読めない言い訳にしてはいかんのでしょうけど…(;゚∀゚)

結果が出たら、また申し込もうと思います。